家は土地や現金で保有している資産よりも減税措置の種類が多くあります。

MENU

一軒家の相続税対策

 

一軒家のイメージ画像

相続は家だけではなく、その他の資産の影響も受けるため、誰にでも共通して使える鉄板の節税対策はありません

 

住空間設計LIVESを展開する栃木県や茨城県西の地域の場合、土地代はそこまで高額にならないケースが多いので、その他の資産が少なければ基礎控除の範囲内に収まって相続税対策は特別必要ないケースもあります

 

将来的に不動産価値が上がる見込があれば生前贈与をして先に被相続人の名義に変えてしまう方法があります。
すでに人が住んでいない家であれば、賃貸に出せば居住用物件として相続するよりも税金が30%安くなります。

 

ルールは法律で定められていて、相続税を節約するテクニックやセオリーはありますが適切な対策は人それぞれ状況によって変わってきます。

 

い将来相続が発生する可能性がある場合は、税理士やファイナンシャルプランナーなど専門家に相談しましょう。

 

 

同居してしまえば相続税は安くなる

 

小規模宅地等の特例によって相続人と被相続人が生計を共にしていれば相続税が50~80%減額受けられる可能性があります

 

被相続人の住居を確保するための措置ですが、無理な同居は家族関係を壊すリスクもあります。
特に息子の嫁など血縁関係のない親族の同居は嫁姑などトラブルリスクが高いので慎重に検討しましょう

 

 

更地は高い

 

更地のまま保持しているケースが一番相続税が高くなる可能性があり、いざ相続が始まってから節税対策しようとしても方法が限られてしまいます。

 

居住用や事業用など用途は問わず、何かしらの建物を建てるだけで節税できます
さらに賃貸用だと30%減額されます。

 

 

基礎控除からどれだけ資産がはみ出るのか計算しておく

 

相続税は「3000万円+600万円×法定相続」の基礎控除があります。
法定相続人1人でも3,600万円以内の相続資産であれば税金はかかりません。
この部分を理解せずに、無駄に生前贈与したり、同居して生計を共にしてしまう方もいるので注意しましょう

 

相続税対策は事前に税理士などの専門家に相談して、何も対策をせずに相続した場合、いくらくらいの相続税がかかるのか把握しておくことが大切です。

 

不動産価値が弊害になりそうな場合は、不動産鑑定士に相談してみてもよいでしょう。

 

一軒家の場合はマンションなど集合住宅に比べて、不動産鑑定士に相談すると路線価などから算出する固定資産税評価額(相続税の基準になる金額)と差異が出る可能性があります。

 

家は土地や現金で保有している資産よりも減税措置の種類が多いので、事前に対策を取っておけば大幅な節税を勝ち取れるチャンスが大きいです。