強い信念とこだわりがあるから、満足度の高い家をデザイン・設計しているのです。

MENU

設計へのこだわり

 

住空間設計LIVESには設計へのこだわりを多数持っています。

 

豊富な経験があり、仕事を取るまでの営業対応だけではなく、アフターサービスで居住者の笑顔をたくさん見てきた実績があるからこそ、初めて家を建てる人では盲点になってしまうポイントもカバーして、満足度の高い家を設計しています。

 

公式ページでも「こだわりはいっぱい」と表現していますが、その中でもLIVESの特に強いこだわりやコンセプトについてまとめました。

 

 

四季を感じ、街の風景としても映える

 

家と風景

 

「家+庭=家庭」という概念を持っていて、庭を活かした家作りが得意です。
庭の広さや周辺の街なみに合わせて風景としても映える家を創造します。

 

プライバシー重視の小さい窓に化粧ガラス中心の家ではなく、外の風景を家の中から感じられて、外観も街の雰囲気に馴染む家造りをしています。

 

 

敷地や家族の暮らしを読み解く

 

こだわりがいっぱいと表現しているのは、家や家族に応じてケースバイケースの要素が多数あるからです。

 

一般的な設計士は土地の図面を見て、この土地ならこういう家にするとよいと即座に原案を提案してきます。

 

LIVESは土地だけではなく、敷地の中の空間全体(庭や街並み、風景など)に加えて家族のことも考慮して家をデザイン・設計します。

 

単純に子供はまだ小学生だから…などといった家族構成や年代だけではなく、注文者の家族とよく話をして、住む人の個性や価値観も理解した上で最適な家を提案します。

 

 

CoMoDo建築工房らしさはそのまま

 

LIVESは狭小住宅向けのプロジェクトで、リーズナブルな価格を売りにしています。

 

中には広い土地を持って、当初は大きい家を計画していたけど予算の都合や狭い家のメリットを聞いてLIVESを利用する方や、通常のCoMoDo建築工房で家を建てた方からの紹介で利用する方もいます。

 

格安のエントリープランと捉えられることもありますが、CoMoDoブランドに恥じない最低品質を確保して、選んだことを後悔させない信念を持って取り組んでいます

 

 

無駄な空間を作らない

 

安さだけを売りにした家や、デザイン性重視の家とは違い、無駄な空間をつくらずにスペースを最大活用します。
小さくて住みにくい家にはせずに、住人のヴォリュームに合ったジャストサイズを提案し、スペースの必要性を吟味した上で設計します。

 

建て付け家具をはじめ収納スペースを作ることも得意にしているので、小さくても住みやすい家を実現します。

 

そもそもLIVESブランドを展開する株式会社COMODO建築工房代表の飯田 亮氏は一級建築士を持っていて大きな施設の設計もできます

 

難関資格を保持しているにも関わらず、小さい家を中心に設計を手がけているのは、強い信念とこだわりがあるからです。