予算別ごとに建てられる注文住宅の事例をご紹介します。

MENU

注文住宅は値段でどのように変わるのか

注文住宅の予算

マイホームを手に入れることは多くの人にとって夢です。
自分が安らげる場所を得るのは、達成感や安心感があり素敵なことでしょう。
そんなマイホームの購入方法の中には注文住宅があります。

 

注文住宅とは、読んで字の如く理想の間取りや内装を注文してから作ってもらう住宅のことです。
こだわりのキッチンや間取り、内装が反映された住宅を手に入れるのは理想的です。

 

ここでは、そんな注文住宅の気になる値段について触れてみたいと思います。
注文住宅は値段でどのように変わるのかを紹介します。

 

 

予算1000万台の注文住宅

注文住宅の中でも格安に分類されるのが1000万台です。
基本的には無駄な要素を省きつつも、こだわりのポイントを表現することになるでしょう。
家の形も正方形や長方形のようなシンプルな形になり、屋上やベランダの要素は無くなります。
シンプルな形にする理由としては外壁の面積が少なくなるため、必要な建築資材の量が減るからです。

 

また、見た目を良くする装飾等も極力減らして行くことになります。
しかし、木材の質感を活かす住宅にするのであれば、むしろそれが魅力的なポイントへ変わるでしょう。
装飾や家の形がシンプルになっても、魅力的なマイホームは入手出来るのです。

 

住宅内の設備のグレードに関しては要相談と言うのが実情です。
最新のキッチンを導入すると当然値段が上がりますし、古ければ安いという訳でもありません。
トイレやお風呂などこだわりがある部分については値段を重視するか、快適さを重視するかしっかりと検討してください。

 

 

予算2000万台の注文住宅

予算が2000万まで増えると注文住宅で出来ることはかなり増えます。
1000万台では住宅内のキッチンやトイレなどの設備を最新にするのは難しいです。
しかし、2000万の予算があれば最新式の設備を導入することも可能でしょう。

 

他にも、バルコニーや屋上の設置も視野に入れられるため、マイホームの夢は大きく膨らみます。
建築の素材を良くして遮音性や保温性を重視するのも良いです。

 

マイホームに強いこだわりがあるなら予算を2000万まで上げてみてください。

 

 

大台の3000万を使った注文住宅

ここまで来ると大抵のこだわりはすべて反映できるようになるでしょう。
もちろん内容によっては難しいのですが、世間一般で言われるこだわりはほぼ実現出来ます。

 

住宅の形も奇抜な形に出来ますし、3階建てにしてみるのもおもしろいです。
おしゃれな外壁や周辺に柵を設置して見た目を大切にする余裕も出て来るでしょう。

 

室内のフローリングを最高級のものにして、お風呂やトイレ、そしてキッチンは当然のように最新式のものです。
窓を二重にして遮音性を高めるのもありです。
予算をどこまで準備できるか検討し、理想的なマイホームを注文住宅で建設してみてはいかがでしょうか?