外壁、屋根などのメンテナンスを怠らず、水漏れはすぐに対処しましょう。

MENU

一軒家のメンテナンス時期・方法

 

メンテナンスの時期を考える

 

家はメンテナンス次第で寿命が変わります。
生涯長く住み続けることはもちろん、売却するときもメンテナンス状況で価値が大きく変わってきます

 

一般的な木造住宅の場合、一番懸念しないといけないのが柱や屋根など家の骨格になる部分を腐食させないことです。

 

木材は水に弱く、住空間設計LIVESのように質の良い材料を使っていても、水漏れを放置すると短期間で腐食してしまいます。

 

メンテナンス方法には色々なものがありますが、一番懸念しないといけないのは外壁、屋根など雨風から家を守るメンテナンスを怠らないことと、水漏れを起こした時にはすぐに対処することです。

 

 

外壁・屋根のメンテナンス時期

 

外壁や屋根は雨風から家を守るために塗装やサイディングパネルを取り付けています。

 

経年劣化で塗装やパネルのシーリング剤、その他、屋根材や付帯物は塗り替え・打ち換えなど定期的にメンテナンスしないといけません。

 

雨漏れを起こすなど不具合が起こってから対処するのではなく、適切な期間ごとに不具合がないうちから手入れすることがポイントです。

 

外壁・屋根塗装のメンテナンスサイクルは使用する塗料によって変わります。
一般的な外壁用シリコン塗料の場合10年間がメンテナンス時期です。

 

ただし、新築購入後は木材の伸縮によってヒビ割れリスクが高くなります。
新築購入後は5~6年でメンテナンス時期がくることもあります。

 

 

 

普段の手入れさえしておけば、不具合が出てからの対処でOK

 

外壁・屋根など家の外装以外は基本的には不具合が出た時にすぐに対処すれば問題ありません

 

水漏れは生活に支障がない滲み程度ても、早期対処を行い床や柱を腐食させないように気をつけましょう

 

その他、普段の掃除はもちろん、食べ物、飲み物をこぼした時はすぐに拭き取って、お風呂は換気と掃除を行ってカビが生えないように心がけましょう。

 

畳だけは5年ほど使ったら裏返しにするなど、時期をみながらメンテナンスすると寿命を伸ばせます。

 

給湯器をはじめ、キッチン周りの設備や家電などは10年経過すると買い替え時期になりますが、基本的には不具合が出てからの対処でも問題はありません。

 

不安があれば、定期的にプロの業者に点検してもらうとよいでしょう。

 

家は買ったあとのメンテナンスで信頼できる業者を見つけることも大切で、地域密着型で家を建てたあとのメンテナンスにも力を入れている所だと安心できます。

 

もちろん、新築住宅はどこの業者で買っても最低限の保証が付いてきますが、保証期間を過ぎた後も良心的な対応で面倒見てもらえるかが重要です。