新築の戸建て住宅は3年、マンションは5年、固定資産税の2分の1が減額されます。

MENU

固定資産税とは

 

固定資産税は土地や家屋の所有者に対して市町村が課す税金です。

 

土地+建物で計算するのですが、築年数の浅い家の多くは土地よりも建物に対しての税金の方が高くなります。
特に新築の場合は土地や中古住宅に比べて高額になるので注意しましょう。

 

建物価値は築年数が増えるにつれて経年劣化で下落するので固定資産税も新築時をピークに下がっていく仕組みです。
ただし新築の場合は軽減措置が取られ戸建て住宅は3年、マンションは5年は固定資産税の2分の1を減額されます。

 

 

狭い建物にするメリット

 

土地に対する税金は、固定資産税評価額で決まるのでどうすることもできませんが、建物は小さくした方が固定資産税も安くなる計算になります。

 

住空間設計LIVESのように、広い土地に庭を活かした家族構成に合った小さめの家を建てることは、税制面でもメリットがあります。

 

さらに、新築住宅の軽減措置は一戸建の場合延床面積120㎡までに限定されています。
LIVESのベースプランにある24坪の家程度であれば、軽減措置を最大限活用できます。

 

 

固定資産税の計算方法

 

固定資産税の計算

 

土地に関しては国土交通省が定める土地の公的価格を基準に算出されます。
広さと地域ごとの土地の価値がポイントになります。
家屋については建物評価額の1.4%が基準価格になります。
そこから新築の軽減措置が適用されるなど特定の条件を満たせば安くなります

 

例えば新築で1,500万円の建物を建てた場合、1.4%の21万円が年間の固定資産税になります。
新築から3年は50%減額で約10万5千円。
4年目以降は軽減措置がなくなりますが、多少は減価償却分を考慮されるので20万円弱が目安になります。
3,000万円の建物を建てた場合は単純計算でその倍になるので、固定資産税は甘く見ない方がいいです。

 

国も土地や古い建物を持っている人は現金を持っていなかったり収入自体は少ないだろうと考慮しますが、新築を建てられるのならお金をたくさん持っていると踏んで強気な姿勢を取っています。

 

 

将来的に苦労する人が多い

 

家を建てるときは金銭的に余裕がありますが、何十年も経過すると経済状況が変化することもあります。

 

また、住宅ローンを組んで家を買うと10年間は住宅ローン控除を受けられます。

 

年収や所得税などの納税額によって還付される金額は変わりますが、ローン残高の1%を基準に控除額を算出されるので、多くの方は年間固定資産税相当額にお釣りがくるくらいの金額を受け取れます。

 

住宅ローン控除の費用を固定資産税に回しているという方も多いでしょう。
しかし、住宅ローン控除は10年に限定したものですし、新築から4年目になると軽減措置もなくなります

 

建物は本来、減価償却で価値が下がっていくものですが、ほかの優遇がなくなって結果的に時間が経過してから、もっと固定資産税の安い家にしておけばよかったと後悔する方が多いです。