宗教に興味のない方でも最低限やっておくべき儀式だと言えます。

MENU

地鎮祭

 

地鎮祭のイメージ

 

地鎮祭は「じちんさい」や「とこしずめのまつり」と読みます。

 

家を建てる工事をする前に、その土地の神(氏神)を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得るための儀式です。方法は宗教や地域の風習にもよってかわり鎮地祭、土祭り、地祭り、地祝いなどの呼び方もあります

 

お坊さん(神主)を建築予定の土地に呼んで、家主をはじめ建設業者・設計者も参列して・お祓いと安全祈願をしてもらうのが全体の流れです。

 

 

必要費用

 

地域によって相場も変わります。
住空間設計LIVESの展開する栃木県や茨城県西の場合は20万円前後が平均相場です。

 

建設会社が施工料金に地鎮祭の費用を含んでいる場合もあります。
呼びたい神主やグレードなどこだわりがある場合は施主が費用を全額負担したり、追い金を払う事例もあります。

 

安いローコスト住宅などは地鎮祭の費用は含まれていないケースもあるので、事前に確認をとっておきましょう
費用を抑えたい場合や、神主を呼ぶのが困難な地域では実施しなかったり簡略化した儀式にすることもできます

 

基本的には手配も施工業者が全て行ってくれて当日の服装や必要なものなども全てアドバイスしてくれるので、こだわりがなければ難しく考える必要性はありません。

 

 

やらない人っているの?

地鎮祭を一切やらないケースもありますが、極めて少数派です。

 

宗教に関心のない人は不要と思われるケースも多いですが、親や親戚の勧めで地鎮祭を行う方向にまとまるケースが多いです。また、施工業者によっては地鎮祭を義務付けていることもあります

 

やらないと神の怒りを買ってしまう考え方もあり、足場を組んで高いところで作業したり、重たい建築材料や重機を使い危険性もあるため、地鎮祭をしない家は工事をしないという考えをもった職人もいます。

 

簡略したものでもいいので最低限のことはやっておくことをオススメします。

 

強制する業者の場合は、建築時の基本料金に地鎮祭の費用を込みにしてしまうことが多いです。

 

やらなかった場合だと、家に住んでから不幸なことが起こった時に、やっぱり行うべきだったと後悔することもあります。子供のお宮参りとか七五三などの儀式と同じようなもので、宗教に興味のない方でも最低限やっておくべき儀式だと言えます。

 

 

施工後に行う上棟式

 

家を建てる儀式は立てる前の地鎮祭と建てた後に行う上棟式の2種類があり、本来であれば両方行うことが理想です。

 

しかし、最近では地鎮祭は行って上棟祭を省くケースが一般的になってきています。
より安心して家に住みたい方は上棟式までしっかり行っておくとよいでしょう。